三重野慶の経歴や性別は?リアルすぎる美しい油絵が話題!

エンタメ

油絵ですというツイートとともに掲載された絵画が「すごい」「写真みたい」「嘘だろ」と話題ですよね。

このツイートは、画家の三重野慶さんが投稿したものです。

Yahooニュースでも取り上げられており、筆者もこのニュースで三重野慶さんについて知りました。

三重野慶さんについて気になり、経歴や性別、作品が見れる美術館などを調査しました。

スポンサーリンク

三重野慶の経歴

三重野慶さんは1985年3月10日生まれの37歳(2022年12月時点)です。

広島県呉市の出身で、現在も呉市で活動しています。

2007年に広島市立大学芸術学部美術学科油絵専攻卒業しました。

受賞歴として、広島市立大学の卒業制作においてM氏賞、第2回ホキ美術館大賞展特別賞(2017年3月)があります。

これまでの展示された場所は以下の美術館や展示会になります。

白日会展(第86~89回)、第23回明日の白日会展
ホキ美術館、ホキ美術館巡回展
四人展
アートフェアアジア福岡ギャラリー須知ブース
Bunkamuraザ・ミュージアム「超写実絵画の襲来ーホキ美術館所蔵」
アート大阪 ギャラリーズセクション ギャラリー須知ブース
個展 など

​​他にも、シンガーソングライターのヒグチアイさんの「全員優勝」のジャケットの絵や「零の晩夏」(岩井俊二さんのミステリー小説)の表紙も書いています。

created by Rinker
Victor Music Arts
¥1,300 (2023/01/29 18:42:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2023/01/29 18:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

また、株式会社ポーラの商品開発のヒントとして協力するなどのお仕事をされました。

2021年12月に画集「言葉にする前のそのまま」も出版されました。

created by Rinker
¥3,300 (2023/01/29 18:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

表紙となっている作品「言葉にする前のそのまま」は制作に1年半をかけたそうです。

被写体とじっくり向き合い、徹底的な描き込みを行うため、年間に制作できる作品は数点とのこと。

「言葉にする前のそのまま」では、表紙絵モデルのエッセイや、ヒグチアイさんのエッセイ、岩井俊二さんとの対談と読みごたえがある内容となっています。

 

そして、ネットニュースで話題になった「油絵です」とツイートした画像についてはこちらです。

三重野慶の性別は?

三重野慶さんは男性です。

以前NEWS23にも出演されており、その時のスタッフノートに取材時の写真も載っていました。

三重野慶の作品はどこで見れる?

三重野慶さんの作品は、千葉県のホキ美術館に展示されています。

2023年5月21日までの展示目録に、三重野慶さんの作品「僕が見ているあなたをあなたは見れない」と「信じてる」が載っていました。

ホキ美術館は、千葉県千葉市にある写実絵画専門美術館です。

とてもお洒落な外観ですよね。

ホキ美術館の建物は、日本建築家協会の2011年度「日本建築大賞」や、「千葉市都市文化賞2011」、「千葉県都市文化賞」で優秀賞を受賞しています。

ホキ美術館
〒267-0067 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
・電話:043-205-1500
・FAX:043-205-1511
・開館時間:午前10時~午後5時30分(※現在定員制で前日までの予約が必要)
・休館日:火曜日
・入館料:一般 1830円、65歳以上 1320円、高校生・大学生 1320円、中学生 910円、
小学生以下 760円(保護者1人につき2人まで無料)、障がい者手帳等で割引あり
・駐車場:普通乗用車約40台
・HP:ホキ美術館 HOKI MUSEUM (hoki-museum.jp)

まとめ

油絵ですと1枚の絵を載せたツイートが話題となった三重野慶さんについてまとめました。

三重野慶さんは写実油彩画作家で、広島県呉市出身の男性です。
受賞歴:広島市立大学の卒業制作においてM氏賞、第2回ホキ美術館大賞展特別賞(2017年3月)
2021年12月に画集「言葉にする前のそのまま」出版
ホキ美術館にて、2作品展示中

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました